社員インタビュー

01

近藤 真2011年入社

首都圏営業部
東京断熱建材グループ 営業

専修大学 法学部 卒

誰からも頼られる、「何でも屋」でありたい。

CLICK

「自分を活かせる営業」に惹かれて。

 決まった商品を販売するだけではない。顧客のニーズに合わせて、自分なりのアイデアを提案できる。近藤が専門商社を志望するようになったのは、『自分を活かせる営業』に惹かれたからだという。とりわけ、ウチヤマコーポレーションが持つ、独自の強みは彼にとって魅力的なものだった。
 「商社・メーカー・施工会社というさまざまな顔を持っているから、原料段階から製品・サービスが消費者の手に届くまで、すべてのプロセスに関わっていける。それは、他の専門商社にはない魅力でした。」
 あらゆる顧客に対して、さまざまな商品を、自分なりのスタイルで提供していく。その仕事の面白味は、他社には感じられないものだった。そして、決め手となったのは、ウチヤマコーポレーションが人物重視の採用を行っていたことだと彼は話す。
 「学生時代の経験や趣味など、これまでの人生体験から、人間性そのものを見てもらえた。そこが大きかったですね。この仕事は『人の力』がすべて。選考時の対話を通じて、ここで働くイメージが明確になり、動機づけができたと思っています。」

Close
CLICK

提案し続けることで、ブランドをつくる。

 現在は、首都圏エリアの住設備機器メーカーや建材商社に対して、断熱材を中心とした多様な製品を販売している。近藤が何よりも大切にしているのは、あらゆるニーズに応える顧客のパートナーであり続けることだ。
 「お客様からどんな存在だと捉えられているのか。そこが重要だと私は思っています。『断熱材屋さん』と思われていると、断熱材は売りやすくなる半面、それ以外のご相談をしていただくことは難しくなる。けれど、あらゆる課題に対して、積極的な提案を続ければ、『困った時は、ウチヤマさんに相談しよう』となるわけです。断熱材のプロとしてお手伝いするのはもちろん、大切なのは『何でも屋』だと思っていただくこと。そうすることで、ビジネスチャンスは無限に広がっていくのです。」
 自分なりのスタイルを貫く近藤の営業は、さまざまな案件を呼び込む原動力になっている。担当顧客である大手住宅設備メーカーから寄せられた相談は、その代表的なものだと言える。
 「寄せられたのは、断熱材のオーダーではなく、『新商品として高級ユニットバスを開発したいが、何かいいアイデアはないか』という相談でした。そこで提案したのが、顧客のコンセプト『上質で心休まる穏やかな時間を過ごす』に合わせた“ヘッドレスト(浴室用まくら)”を備え付けるアイデア。主力商品である断熱素材を用いているだけでなく、材料メーカーと共同で材料選定・形状開発を進め提案、採用に至った。持てる強みを最大限に活かし、お客様に価値を提供した事例だと思っています。」

Close
CLICK

自由とは、責任を与えられることだ。

 ウチヤマコーポレーションが持つ強みを最大限に活かしながら、自分なりのスタイルで顧客に価値を生み出す——。入社時に思い描いていた仕事を、自らの手で体現できた。近藤は自らの成長に確かな手応えを感じている。
 「今、こうした仕事ができているのも、新人時代からしっかりと裁量を与えてくれる環境があったからだと思っています。入社後の配属は、滋賀県の営業所だったのですが、そこで経験した身の丈を超えるチャレンジが、私に多くの学びを与えてくれました。毎日が苦労の連続でしたが、支えてくれた先輩方や、厳しくも温かく向き合ってくださったお客様には、感謝の言葉も見つからないくらいです。」
 社員の成長を何よりも大切にする。それが、ウチヤマコーポレーションに古くから根づくカルチャーだ。ただ、それは『甘やかされる』ことではなく、自由に伴う責任を与えられることを意味する。
 「職場の雰囲気はアットホームだし、部署間を越えたプライベートな交流も盛ん。諸先輩方の面倒見もしっかりしています。けれど、そこに甘えているだけでは、いつまで経っても一人前にはなれません。大切なのは、自分なりに考え、それを行動で示し続けること。それを一つひとつ積み重ねていくことでしか、自己成長を加速させることはできませんから。」

Close
02

南 岳秀2013年入社

首都圏営業部
東京断熱建材グループ 営業

国士舘大学 経済学部 卒

最高の仕事――。その中心には「人」がいる。

CLICK

探していたのは、仕事を楽しめる場所。

 たとえ好きなことであっても、自分が選んだ場所であっても、何かを成し遂げるためには、必ず困難と向き合うことになる。だからこそ、どんな仲間と一緒に働くかが大切になる。南はそう考えて就職活動に臨んでいた。
 「それを教えてくれたのは、高校・大学と続けていたアメフトでした。お互いに支え合い、切磋琢磨していける仲間がいてくれたおかげで、どんなに苦しいことも乗り越えることができたんです。だから、業種を絞ることはせず、いろいろな会社を見て回りました。仕事を心から楽しみ、自然と笑顔になれる。求めていたのはそんな場所でした。」
 ウチヤマコーポレーションを選んだ決め手は、やはり人。口先の動機や学歴ではなく人柄を重視し、対等に、フランクに向き合ってくれる。明るい社風を感じ、心惹かれていったのだという。
 「面接では、試されるような質問をされることはなく、アメフトの話ばかりでした(笑)。他社の面接ではかなり緊張して、素の自分でいることができませんでしたが、そんなことを気にすることもなかった。自然と笑顔になっていましたね。」

Close
CLICK

自分を認められる。それが、最高の瞬間。

 現在、南は東京エリアの営業担当を務めている。住宅設備メーカーや施工業者など幅広い顧客に対して、断熱建材を中心とした商品を販売する。その仕事に決まりきったスタイルはなく、自分なりのやり方で試行錯誤していく必要があるのだという。
 「私たちは商社としての機能に加えて、メーカー、施工機能を持っています。そのため、一素材の扱いから建築工事までというバリューチェーンのあらゆるシーンに価値を発揮することができるのです。時には、作業着を着て、建築現場で施工管理をすることもあるくらい。お客様からの要望も実に多様ですから、そこにどう応えていくかは、個々のアイデアや裁量による部分が大きいと思っています。」
 ただモノを売るのではなく、自らのアイデアと行動で、顧客が求める価値を具現化する。それが、ウチヤマコーポレーションの仕事だ。より、人の力が問われる営業スタイルだからこそ、得られる喜びも格別なものとなる。南がこの仕事の醍醐味を知ったのは、入社1年目。とある建築現場の案件だった。
 「右も左もわからない状況だったこともあり、最初はお客様に厳しく叱られてしまいました。けれど、何とか自分のできることをしようと懸命に努力したことで、お客様の態度が大きく変わったんです。『南君から買いたい』とリピート購入していただけた時は、本当に嬉しかった。自分の価値を認めていただけること。それが、この仕事の醍醐味であり、最高のモチベーションなんです。」

Close
CLICK

チームを牽引する、ムードメーカーに。

 入社6年目を迎えた南。現在はチームの目標数字を意識する立場にある。後輩から頼られることも多くなり、『チームを牽引し、会社にどう貢献していくか』という視野を持つようになった。
 「この仕事は覚える知識も多いし、なかなか成果を上げられないこともある。けれど、下を向いて愚痴を言っていても何も変わりませんからね。いつも明るく、仕事を心から楽しんでいる。それを全身で表現することで、いい影響をもたらす“ムードメーカー”でありたい。そう考えています。」
 入社時に、心惹かれたウチヤマコーポレーションの社風。現在では、それを体現する立場になっている。この会社で得られたのは、スキルの向上だけに留まらない。人間としての大きな成長を実感しながら、南はさらなる挑戦へと向かっていく。
 「常に前向きに、チャレンジしていけるのは、仲間たちの存在があるからこそ。仕事に対してとてもまじめな人が多く、お客様や協力会社の方々からも高い評価をいただいていると感じます。同年代の先輩・後輩が多いこともあって、意見交換も活発ですね。切磋琢磨して成長できる。そんな最高の環境がここにあると思っています。」

Close